資源としての水
 宇宙から地球の姿を見ると、青く広がった海が4分の3を占めていることがわかります。
 私たちが暮らす地球には、おおよそ14億km3の水があるといわれていますが、そのうち約97%が海水で、残りの3%が淡水です。

 しかし、そのほとんどが南極や北極の雪と氷で、地下水を含めて河川や湖沼として存在する“使える水“は、地球上の水のわずかO.8%にしかすぎないのです。

 現在地球には約60億の人が住んでいますが、今後も世界の人口は増え続けこのままでは世界的な水不足も予想されます。
 また、近年、世界各地でも毎年のように干ばつと洪水が発生しており、異常な高温、低温、多雨、少雨が頻発しています。日本でもダムや貯水池をつくり渇水対策に努めていますが、私たち一人一人がこうした状況を知り、水の使い方を考えることもとても大切なことといえます。

                  
<家庭でできるじょうずな水の使い方>
【汲み置き水】
 災害時や渇水時には、一時的に断水することも十分考えられます。
 間が生きてゆくためには、1人1日3リットルの水が必要といわれています。
 そんなときに、御家庭で簡単にできる飲料水の備蓄方法のひとつとして「汲み置き水」があります。
 汲み置き水は、清潔で蓋のできる容器(ポリ容器)に口元まで水をいっぱいに入れ、直射日光を避けて涼しい所に保管します。
 また、水道水には消毒のための塩素が含まれていますが、この塩素は、保管条件によって違いますが、1日〜2日程度でなくなってしまいますので、その後は、お掃除や洗濯などにご利用ください。


汲み置き水をそのまま飲むことはおやめください。

アポロ11号から見た地球